ロシア学事始

ロシア連邦政府

ロシア連邦政府 Правительство Российской Федерации (Pravitel'stvo Rossiyskoy Federatsii) は、議長(首相)、議長代理(副首相)、大臣(閣僚)から成る。

首相

 首相は、正式には «ロシア連邦政府議長 Председатель Правительства Российской Федерации (Predsedatel' Pravitel'stva Rossiyskoy Federatsii)» と呼ばれる。1993年までは «ロシア連邦閣僚会議議長»。

歴代首相

 ソ連崩壊(1991/12/25)以後の歴代首相を挙げる。

就任退任氏名生没年
1992/06/151992/12/15ガイダール エゴール・ティムーロヴィチ代行(国家ドゥーマの承認得られず)
11992/12/141998/03/23チェルノムィルディン ヴィクトル・ステパーノヴィチ1938-2010
21998/03/231998/08/23キリエンコ セルゲイ・ヴラディレノヴィチ正式就任は 1998/04/24
1998/08/231998/09/11チェルノムィルディン ヴィクトル・ステパーノヴィチ1938-2010代行(国家ドゥーマの承認得られず)
31998/09/111999/05/12プリマコーフ エヴゲーニイ・マクシーモヴィチ
41999/05/121999/08/09ステパーシン セルゲイ・ヴァディーモヴィチ正式就任は 1999/05/19
51999/08/092000/05/07プーティン ヴラディーミル・ヴラディーミロヴィチ1952-正式就任は 1999/08/16
62000/05/072004/02/24カシヤーノフ ミハイール・ミハイロヴィチ正式就任は 2000/05/17
2004/02/242004/03/05フリステンコ ヴィクトル・ボリーソヴィチ1957-代行(国家ドゥーマの承認得られず)
72004/03/052007/09/14フラトコーフ ミハイール・エフィーモヴィチ2004/05/07-12、2007/09/12-14 は代行
82007/09/142008/05/08ズプコーフ ヴィクトル・アレクセーエヴィチ1941-2008/05/07-08 は代行
92008/05/082012/05/07プーティン ヴラディーミル・ヴラディーミロヴィチ1952-
2012/05/072012/05/08ズプコーフ ヴィクトル・アレクセーエヴィチ1941-代行
102012/05/08メドヴェーデフ ドミートリイ・アナトーリエヴィチ1965-

▲ページのトップにもどる▲

大統領との関係

 政府は連邦議会ではなく大統領に責任を負う(ただし国家ドゥーマへの報告義務を有する)。

 首相の任命権は大統領にある(ただし国家ドゥーマの承認が必要)。閣僚も、その提案権は首相にあるが、任免権は大統領にある。
 また、内閣総辞職は大統領が決定する。

 なお、大統領が不在の際には、首相が大統領代行を務める。現実に、エリツィン大統領が心臓手術を受けた1996年、エリツィン大統領が辞任した1999年から任期切れの2000年まで、それぞれ時の首相が大統領代行を務めている。
 ただし大統領代行は、国家ドゥーマの解散、国民投票の実施、憲法修正・改正の動議はできない。

▲ページのトップにもどる▲

行政権の分担

 憲法によれば、ロシア連邦における行政権は政府に属する。しかし現実には、大統領と政府とが分担している。

▲ページのトップにもどる▲

議会との関係

 首相は大統領に任命されても、国家ドゥーマの承認が得られなければ正式に職務に就くことができない。過去、チェルノムィルディンとフリステンコのふたりが、このため首相になれずに終わっている。
 歴代首相の表で、就任日と «正式就任» とがズレているのもこのためで、ここでは大統領の任命を «就任» としておいたが、法的には国家ドゥーマの承認を得た時点で正式に就任したことになる。

 国家ドゥーマは内閣不信任を決議できる。
 この場合、内閣(政府)や首相にはいかなる対応策もない。国家ドゥーマの内閣不信任に対応するのも大統領の仕事である。
 大統領が内閣不信任を受け入れれば、内閣は総辞職に追い込まれる。大統領が内閣不信任を受け入れない場合、国家ドゥーマが再度内閣不信任を可決すると、大統領は内閣総辞職か国家ドゥーマ解散かを選択しなければならない。

▲ページのトップにもどる▲

その他

▲ページのトップにもどる▲

最終更新日 19 05 2012

Copyright © Подгорный (Podgornyy). Все права защищены с 7 11 2008 г.

inserted by FC2 system